【インプレ】Gクラフト セブンセンスSR

インプレッション
スポンサーリンク

最後に残るのはブランクス、という強いこだわりを持つロッドメーカー、Gクラフト。

少々わかりにくいホームページが、とっつきにくさを持たせる原因の一つなんじゃないかと思いますが、良い竿なのは間違いないです。最初から最後まで素直な曲がり、粘り。使った人が、他のメーカーのロッドを使えなくなってしまう、ということで「Gクラフト被害者の会」まで結成される始末w

自分が使っているのは、ラインナップで一番安いシリーズのSRです。品番MWS-952-SR
※SR→TR→LTDと、ランクが上がっていきます

TRとかはキンキンな竿で、ちょっと柔らかいSRの方がタチウオには向いているんですよね。まぁ、自分もその通説を信じて購入し、TRとかは店で触るだけですので実際のところ使い比べられて訳ではあリません。

急な魚の突っ込みに対し、このロッドはどこまでもシームレスに素直に曲がっていきます。

バットが強いのが特徴の竿の中には、ティップ、ベリーと素直に曲がっていったのち、バットに差し掛かったところで急激に硬くなるものが多いんですよね。そこで急ブレーキをかけられるので魚に余計な違和感を与えたり、拍子でバレたりしやすいんですが、このロッドはどこまでも素直。走る魚をいなしてくれます。

使ってしまうと・・・被害者の会ができるのがよくわかりますw

ちなみに、GクラフトのTRやLTDは、きちんとキャストの基礎ができていないときっちり投げられません。わりとピーキーだそうです。SRはそんなことはないそうですが、それでも少々スロー気味のテーパーで、投げるにはコツが必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました